SGS分析の流れ|何故規制があるの?【SGS分析を行う理由】

SGS分析の流れ

女性

SGSとは何か

SGSは世界中で、検証、検査、試験、認証という分野で世界最大級の企業であり、第三者分析機関です。SGSは日本のみならず世界各地に進出しており、社員の合計数が約10万人程度といわれています。SGSが行なっているサービスは先ほど紹介した4つの分野に分けて行なわれています。

SGSの行なっているサービス

SGSは世界最高水準の検証、および検査を行なうことにより、貿易の際の品質や数量の管理を行なっています。地域ごとにある様々な規制を把握することにより、あらゆる要件に柔軟に対応することが出来ます。また経験豊富な人材が試験を行っています。それにより製品の安全性を確かめる際のリスクを下げることが出来ます。

証明および認証

SGSは世界から信頼されている企業になります。なのでSGSが証明を行うことにより世界の標準以上であることになります。また各地域の規制をクリアしていることにもなります。SGSが認証することにより世界の様々な規格へ適合していることを実証していることになります。

SGS分析を利用する際の流れ

問い合わせから見積もりまで

SGS分析を利用する際には、SGS分析を行なっている業者のWEBサイトへ行き、分析注文書をダウンロードします。そして必要事項を記入し、メールやFAXで送信することで問い合わせが出来ます。その後に業者が調査や分析にどのくらいの費用がかかるかの見積もりを出します。

調査から結果の報告まで

依頼主のが見積もりも確認した上で分析を依頼する場合、試料を業者に配送します。それを受け取った業者が分析をしますがSGSの指導を受けている業者などは、SGSの基準に従い調査を行ないます。調査した結果をメールなどで送ります。

報告書の作成から入金まで

先にメールなどで送られる結果はあくまで簡易的なもので、数日から数週間後には正式な報告書が送られてきます。報告書を受け取った後に料金を支払います。以上でSGS分析は終了になります。これは一例で業者によっては多少順番が違う場合などがあるので注意して下さい。