SGSの役割|何故規制があるの?【SGS分析を行う理由】

SGSの役割

科学者

第三者認証機関として認められている

SGSは日本だけでなく世界中でSQF認証を行なっている認証機関です。手がけている業種が幅広いのが特徴で、それぞれの分野における専門的な知識も持ち合わせています。食品分野ではSQFだけだはなく、ISOなどの認証体系を請け負っています。SGSにはそれだけの信頼があるということです。

指導も行なっている

世界的な第三者認証機関として認定されているので、専門的な知識を持つ分野や各種認定を行なう機関の認証することが出来る権限を持ち認証行為を行なうことが可能になっています。SGSの指導の元で検査、認証を行なってる機関もあります。SGS分析やRoHS分析を行なっている一般企業がこれにあたります。

SGSは世界をリードしている

SGSは1878年から世界をリードする認証機関として成長してきました。物流から農業まで様々な分野で世界を支えているといえます。